- - http://kitamocchi.jugem.jp/ 2013-04-13 daily 1.0 きたもとゆうこの頭のなか(仮)
2016.06.30 Thursday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2007.12.08 Saturday author : Yuko Kitamoto

【お薦め漫画】クローバー(平川 哲弘)

久方ぶりに漫画紹介です。

漫画作品の映画化が多いため、試写後には原作をなるべく読むようにしています。「奈緒子」は途中で脱落しましたが・・・(あんなに長いとは!)。「魁!男塾」も映画化されたところしか読んでいません。ごめんなさいモゴモゴ
長編も多く、買うには収納の問題もあるので、最近はマンガ喫茶に行くようになりました。
昔はたばこくさいとか、ちょっと嫌なイメージがあったんだけど、今は違うんですね。
取材で行った京都のマンガ喫茶で畳敷きのものだったり、各店趣向を凝らしています。

今回お勧めするのは、映画化作品ではなく、きっとこれから注目を集めるだろうなって作品「クローバー」です。
「クローバー」というと、映画化にアニメ化、おまけに1月からは連続ドラマ化される「ハチミツとクローバー」が超メジャー級。次に、雑誌がなくなったり、筆者が他の作品を並行で書き始めたりで中断していた「クローバー」が挙げられますが、これはそののどかな野草のイメージとは違った、少年漫画です。



ジャンルとしては「不良高校生モノ」なんでしょうね。
2巻までしか出ていませんが、現時点でヒーローは一人もいません。無敵な人間もいないし、本当のいじめられっこもいじめっこいません。いじめっこは実は上から圧迫を受けて、いじめっこからのうさを下にはらしている。大人の社会人の苦しみを今から味わっているかのようです。

そんななか、主人公のいじめられっこに見える少年は、いじめられっこを演じることで本当のいじめから逃れています。
突如現れる喧嘩っぱやい少年も、最後の砦としてこの町に戻ってきただけで、
体が大きくて力が強いと恐れられている少年も、実は裏で精神的拘束を受けて、自由ではありません。

そんな3人が子供のころの転校でバラバラになってしまった関係を再び紡ぎだす、それが2巻までのお話です。
さて、今後はどうなるのか、楽しみです。



| 漫画/Comics | 21:25 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
2007.11.07 Wednesday author : Yuko Kitamoto

【お薦め漫画】ニコイチ

ある友人は、私に会うと必ず

いま、漫画で何が面白い?

と聞いてきます。
どうやら、私に聞いたら速効購入→ハマり全巻揃えるというパターンを繰り返しているみたいで。
以前に薦めた「のだめカンタービレ」「もやしもん」はかなりハマったようで、おかげで私の漫画セレクトの面での評価のみ、かなり高ランクインしているもよう。

しかし、最近は脳みその退化が激しいせいか、聞かれてもとっさに出てきません。
というわけで、そのメモ代わりにここに書いておきます。誰か彼女に同じことを聞かれたら、「きたもっちのblogに書いてあった」といって代わりに薦めておいてください(笑)

おてんきニコイチ

最初に1巻の表紙を見た時は、エロ系の漫画だと思ってました。実際は全くそんなこともなく、そうじゃなくって結構いい話だと聞いて、読んでみたところちょっと泣けるいい話なんですよ。

主人公はごくごく普通のサラリーマン。ただ、普通じゃないのは血のつながらな息子がいることと、息子は彼のことをお母さんだと思っていること。なぜなら、ある理由から息子のために女装をし続けているから・・・。そんな彼にも気になる女性が現れる。彼女は普段の彼のことは嫌いだが、女装した彼のことは信頼している。バラすべきか、否か。フクザツな二重生活コメディです。

きっかけは、学生の頃に付き合っていた彼女が突然死んでしまったことから。まだ付き合いは浅く、彼女のこともよく知らないままだったのが、死後さまざまなことが明らかになってくる。彼女は天涯孤独だったということ、そして子供がいるということ。。。
まだ物心もつかない子供を引き取ったものの、「ママ」を求め泣き続ける子のために女装をしてから年月は流れ、なんともう子供は小学生に。
主人公と息子の関係がすごくいいだけに、今後の展開がとても気になります。

| 漫画/Comics | 03:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |



スポンサードリンク
広告ユニット