- - http://kitamocchi.jugem.jp/ 2013-04-13 daily 1.0 きたもとゆうこの頭のなか(仮)
2016.06.30 Thursday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2009.04.23 Thursday author : Yuko Kitamoto

【試写】女の子ものがたり/出演 深津絵里大後寿々花福士誠治波瑠高山侑子森迫永依 

本日(日付が変わっちゃったから、昨日か・・・)、「女の子ものがたり」の舞台挨拶つきの試写会にいってきました。

出演は、登壇した深津絵里さん、大後寿々花さん、福士誠治さん、波瑠さん、高山侑子さんのほか、
小学生時代を森迫永依さん、三吉彩花さん、佐藤初さん。
風吹ジュンさん、板尾創路さん、奥貫薫さん、大東俊介さん、佐野和真さん、賀来賢人さん、落合恭子さんらが出演。
原作者の西原理恵子さんもセリフ付きでちらっと登場しています。

婚活も、キャリアアップも、欲望もない、女子のこころの映画です。
ギラギラして生きることだけがすべてじゃないんだ、と癒されたい人におすすめです。
公開は8月ぐらいでしょうか。まだ未定のようです。

原作は、西原理恵子さんの同名の漫画。こちらもおすすめですよ。


以下、資料より抜粋
-------------------------------------------
映画 『女の子ものがたり』資料
作品タイトル:『女の子ものがたり』
配給:IMJエンタテインメント/エイベックス・エンタテインメント
公開時期:夏の終わりごろ、シネクイントほか全国公開
脚本・監督:森岡利行 (『子猫の涙』)
出演者:深津絵里(36)、大後寿々花(15)、森迫永依(11)、他、福士誠治、波瑠、高山侑子
原作:西原理恵子 『女の子ものがたり』 (小学館刊)
制作:STUDIO SWAN
日程:クランクイン 8月末〜クランクアップ 10月 
撮影場所:東京都内、愛媛県

■ストーリー
高原菜都美(深津絵里)、漫画家、36才。昼間のビール、たらいで水浴、ソファで昼寝・・・スランプから抜け出すきざしがまったくないダメ作家。新米編集者、財前(福士誠治)もあきれ果て、ついにキツイ一言を投げかけてしまう。「先生、ともだちいないでしょう?」
しかし、そんな菜都美にも、かつて"女の子"だった頃、いつも一緒にいてくれたともだちがいた。海と山のみえる小さな町で出会ったみさちゃんときいちゃん。少女から大人に成長していく未完成でいとおしいあの頃、情けないことも楽しくて輝いていたことも、自分の全てを受け入れてくれた大切なともだち。
今はもう会えないとしても、あのともだちと過ごした日々が、今も自分を励ましてくれていることに菜都美は気づいていく。
あの頃から今につながっている1本の道。ひとりっきりで歩いてきたんじゃないことを知ったとき、菜都美の心にある変化がおき始める――。


http://onnanoko-story.jp/


| 試写/MoviePreview | 01:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2009.04.19 Sunday author : Yuko Kitamoto

【試写】バンコック・デンジャラス(監督ダニー&オキサイド・パン 出演ニコラス・ケイジ  チャーリー・ヤン シャクリット・ヤムナーム)

ハリウッドで続いた「アジア映画のリメイク」ブーム。
ちらほらと残り火はあるものの、終わりを迎えているようですね。

そんななか、主演のニコラス・ケイジ以外はほぼ無名の役者でヒットを飛ばしたのがこの「バンコック・デンジャラス」。全米初登場1位を取ったのだから、ヒットといえるのでは? (興行収入はともかくとして・・・)
日本では「レイン」というタイトルで公開されたオリジナルを、ハリウッドにて同じ監督でリメイクしたものです。

個人的にはニコラス・ケイジは「絶対見なきゃ!」とチェックし続けている役者ではないのですが、気がつけばアクション俳優の枠に入っているのでしょうか。「フェイス/オフ」「ナショナル・トレジャー」がヒットして、そっち系のオファーが多くなったのでしょうか。
私はどうも「月の輝く夜に」での濃いイタリア系一家のどうしようもない弟のイメージがニコラス・ケイジというと浮かんでしまいます。よれよれの白いランニングで・・・。

私はオリジナルは見ていないのですが、予告編を見る限りは同じアイデアを使ったシーンは多発するもよう。ぐるぐるまわったり、水中から弾を見せたり(予告編にあり)と変わったカメラワークとスピード感のある編集が多いなと思ったら、監督の一人ダニー・パンは「インファナル・アフェア
」の編集を担当しているんですね。納得。「インファナル〜」で香港でも賞を取っているようです。あの作品、好きだったなー。

でも、ラストは違うので、見比べてみても面白いかもしれません。
監督も前作で高評価を得たものの「あー、お金があればああしたのに」とか「ああっ、あれが映ってしまってる!」とかあったんじゃないかなぁと思うんですよね。
汗と血にまみれる映画なので、2本続けてみても、その辺に耐えられるのであればOKかと・・・。

日本版予告編


オリジナル版予告編(英語版)



バンコック・デンジャラス 日本公式サイト
http://www.bangkok-dangerous.jp/






| 試写/MoviePreview | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2009.02.10 Tuesday author : Yuko Kitamoto

【試写】ヤッターマン/監督:三池崇史出演櫻井 翔、福田沙紀、生瀬勝久、ケンドーコバヤシ、岡本杏理、阿部サダヲ、深田恭子

以前にも私のヤッターマン好きのことをアップ済み(ヤッターマンの第一話をヤッターワンと見る)ですが、ついに! 実写版ヤッターマンを見てしまいました。
年末に某宅での忘年会で会った2人がこの映画にかかわってると聞いていたので、その辺にもかなり注目。

深田恭子ちゃんのドロンジョ様、どーなのよと正直思ってたんですよ。だってね、子供のころからのイメージだと「熟女」っぽかったから・・・。杉本彩姐さんあたりかなぁってにらんでたわけですが、フカキョンとは。
オリジナルのドロンジョ様の設定っていくつなんだろうと調べてみたら、なんと、24歳!!!
以前にランキングの記事を調べた際に見つけたgooによる「ドロンジョ様役をやって欲しい女性有名人ランキング」でも、1位は杉本彩。
2位以下は、
2位 にしおかすみこ
3位 藤原紀香
4位 夏木マリ
5位 青田典子
6位 沢尻エリカ
7位 川島なお美
8位 小沢真珠
9位 小池栄子
10位 神田うの

という結果だったそうです。11位から20位は、サイトでご確認ください。

しかし、なかなかどーして、いい感じでしたよ。全体的にアニメのエロ感とか、数々の名セリフもちりばめられ、旧アニメを知っている30代以上の大人の懐かし心をつかんでいました。

個人的には、ヤッターマンよりも、ドロンボー一味の方が好き。劇中、旧作アニメの初期エンディング「天才ドロンボー」を実写版ドロンボーが面白ポーズ付きで披露しているのがハマって、あの曲だけiTunesで売ってくれることを熱望しております。

アニメ版はこれ↓



原作:竜の子プロダクション 監督:三池崇史
出演:櫻井 翔(ヤッターマン1号=高田ガン)、福田沙紀(ヤッターマン2号=上成愛)、生瀬勝久(ボヤッキー)、ケンドーコバヤシ(トンズラー)、岡本杏理(海江田翔子)、阿部サダヲ(海江田博士)、深田恭子(ドロンジョ)
メカ&キャラクターデザイン リファイン:寺田克也 
製作:ヤッターマン製作委員会 制作プロダクション:日活
配給:松竹、日活

3月7日(土)全国ロードショー!

http://www.yatterman-movie.com/


追伸:

ヤッターペリカンは出てきません。







コスプレしたい方にはこれ。
| 試写/MoviePreview | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2009.02.02 Monday author : Yuko Kitamoto

【試写】パッセンジャーズ/監督ロドリゴ・ガルシア、出演アン・ハサウェイ、パトリック・ウィルソン、デヴィット・モース、ダイアン・ウィースト

「プリティ・ブライド」でスクリーンデビューし、その後お嬢様系だけに走るかと思いきや、「ブロークバック・マウンテン」など演技派への脱皮も計る正統派ビューティ、アン・ハサウェイ。
彼女の出演作では初?のサスペンステイストのものとなるのが、この「パッセンジャーズ」。

彼女の役柄は、セラピストのクレア。
109名の乗客を乗せた飛行機が事故を起こし、奇跡的に5名の乗客が生存。彼らの心のケアをするためにクレアは派遣されるのだが、グループセラピーを行うたびに、1人、また1人と現れなくなっていく。そして、食い違う乗客の証言。飛行機事故はなぜ起きたのか? 消えた生存者たちの行方は?

正統派ビューティっておののくときも超きれいなのねー。
これまで大きなスキャンダルもない、お嬢様女優だったのに、去年は恋人が実は詐欺師(!)だったりと、実生活ではさっぱり。それを払拭するように、この作品に続いて日本公開される「レイチェルの結婚」(Rachel Getting Married)では本年度のアカデミー賞にノミネート! でも下馬評では受賞は厳しそうね。

この作品は「映画の結末は決して口外しないでください」とプレスシートにも書いてあります。そこから、一筋縄なサスペンスじゃないことは推測してくだされ。

2009年3月7日(土)より公開されます。


監督:ロドリゴ・ガルシア『彼女を見ればわかること』『美しい人』
出演:アン・ハサウェイ『プラダを着た悪魔』『ブロークバック・マウンテン』、パトリック・ウィルソン『オペラ座の怪人』『いつか眠りにつく前に』、デヴィット・モース『グリーンマイル』、ダイアン・ウィースト『アイ・アム・サム』
2008年/アメリカ/英語/93分/カラー/スコープサイズ/SRD/日本語字幕:松浦美奈/(c) 2008 PASSENGERS PRODUCTIONS, LLC.ALL RIGHETS RESERVED.
公式HP:http://www.passengers.jp/



●関連トピックス
タンタンの冒険映画化ようやく始動!主演はジェイミー・ベル
「ヒルズ」の次は[THE CITY]のホイットニーをマストチェック!
    これは映画じゃなくって、テレビなんですけど・・・
第81回のアカデミー賞ノミネート発表!
| 試写/MoviePreview | 11:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2009.01.21 Wednesday author : Yuko Kitamoto

【試写】映画は映画だ(監督チャン・フン原案キム・ギドク出演ソ・ジソプカン・ジファンホン・スヒョン)


「ごめん、愛してる」「バリでの出来事」などのドラマや昨年公開された映画「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」をはじめ、アジア各国で作品に出演しているソ・ジソプ。彼の兵役(韓国では男子には兵役の義務があるのです)後の本格復帰作が、ようやく日本で公開されます。

共演は、日本ではまだ知名度があまり高くはないけれども、韓国では2005年の「がんばれ! クムスン」への出演から注目を集め、連続ドラマに立て続けに出演しているカン・ジファン。

そんなイケメンが挑むのが、「鬼才」と呼ばれるキム・ギドクの作品ときたら、どうなることやら?と思っておりました。
今回、キム・ギドク自身はメガホンを取らず、原案と製作のみ。監督は、彼の下で育ったチャン・フンで、これがデビュー作です。
 
カン・ジファン演じる映画スター【スタ】は、アクションが魅力の一方で、非常に喧嘩っぱやい。共演者を病院送りにし、ついには彼と組もうとする役者はいなくなってしまう。
ソ・ジソプ演じる【ガンペ】は、手下を抱えるヤクザ。ボスが裁判にかかる前で、いろいろと忙しい。その合間に映画を見るのだが、実は彼は昔映画スターに憧れ、端役を演じたこともあった。
全く別の世界に生きる2人だったが、映画という世界に導かれ、「よりリアルであること」を求める監督のもと、ガンペはスクリーンの中に入ることになる。
つかの間の夢であり、現実のリアルな暴力の世界と並行しながら、映画の中のリアルを演じていく。
リアルを演じるスタと、自分のリアルを映画にぶつけるガンペ。

キム・ギドク作品ではほとんどない、くすっと笑えるシーンはちらほらあるという新鮮さはあるものの、やはり肉体的にだけでなく、精神的にひりひりくる感じは原案・製作での関わりでも健在です。
ドラマを1〜2話見たことはあったけど、ソ・ジソプの出演作をじっくり見るのはこれが初めて。
シルエットだけでも存在感がある、稀有な俳優ですね。
ちょっと昔の松田優作の作品を思い出しました。「野獣死すべし」とか。

ソ・ジソプは音楽プロジェクト「G」(ジー)にラッパーとして参加し、デビューしているそうで、日本では2月27日にDVDとCDでデビューするとか。
いただいた資料によれば、【G】とは、「多方面で活躍しているアーティストたちが『音楽を通じた交流』を継続的に紹介するため【G】というブランドに基づき始めたプロジェクト」だそうです。



2009年3月、シネマスクエアとうきゅう他全国公開されます。

公式HP http://www.eiga-eiga.jp/

ソ・ジソプの公式HP http://www.jisub.jp/



| 試写/MoviePreview | 00:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2008.11.21 Friday author : Yuko Kitamoto

【試写】プライド(原作:一条ゆかり 出演:ステファニー満島ひかり及川光博渡辺大

本日は朝から、完成披露試写会へ。

一条ゆかり先生原作の人気漫画「プライド」の映画化作品です。


一条ゆかり先生といえば、「有閑倶楽部」!
小学生向けの「りぼん」の連載なのに、
高校生がたばこは吸うわ、拳銃振り回すは、色仕掛けで惑わすわと強烈な出会いでした・・・

今回資料でいただいた一条先生のプロフィール、衝撃的でした。生年月日が書いてあるんですよ。。。
もうすぐ60歳!?
今日の舞台挨拶にももちろん登場されたわけですが、手術(?)かなにかのあとということで、サングラスだったのが残念。。。少女マンガ界の神ぴかぴかですよね

オペラを目指すお嬢様と貧乏少女の愛憎を描いたストーリーなのですが、現実ばなれした世界観、うまく映像化されていたんではないでしょうか?
正直、つっこみどころは満載で、関係者向けの上映だけに変な笑いもところどころで起きてましたが。。。

キャストは、
麻見志緒・・・ステファニー
緑川萌・・・・満島ひかり
池之端蘭丸・・・渡辺大

と、ここまでは、まぁ、そんなにメジャーじゃないんですが、
脇役がすごい、原作そっくり!

神野隆・・・及川光博
池乃端奈都子・・・高島礼子
山本教授・・・由紀さおり
松島春子・・・五大路子
緑川多美・・・キムラ緑子

あと、名前を忘れちゃったのですが、緑川多美(萌の母親)から萌をかばうおばさんまでそっくり!でした。

のだめカンタービレが原作そのまんまのキャスティングで大成功しただけに、この方法論は、原作ファンを裏切る度合いは低いですよね。


今回の新発見は、なんといっても満島ひかり
主役を食う悪役ができる若手女優、ひさびさに登場ですよ。
昔「恋の奇跡」(リンク先はWikiです)というドラマで、主役で同情されるはずの葉月里緒菜の印象を消してしまった菅野美穂の悪役っぷりを思い出しました。
同性ながら、女って怖いなぁ・・・なんて思ったほどショック

記者会見で歌の経験があると説明されていたのでプロフィールを見ると、元Folder、Folder5なんですね。
ステファニーfeat.SRMとして来年歌も出すそうです。


映画「プライド」公式サイト http://www.pride-movie.jp/
2009年1月17日(土)公開予定です。今回の前売り特典は、「セレブに変身!キラキラ☆携帯シール」。


JUGEMテーマ:映画


| 試写/MoviePreview | 01:46 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
2008.09.17 Wednesday author : きたもとゆうこ

【試写】僕らのミライへ逆回転(監督・脚本:ミシェル・ゴンドリー出演:ジャック・ブラック モス・デフ)

大好きな映画「エターナル・サンシャイン」の監督ミシェル・ゴンドリーは前作「恋愛睡眠のすすめ」でもパーフェクトじゃない人間が、自分の手の中にあるものを大切に守ろうとする様々な姿を描いていましたが、今回の舞台になるのはレンタル・ビデオショップ。

DVDの波におされ、新作の入荷も少なくなってしまったビデオショップで、ジャック・ブラック演じる男の仕業で店内のテープの映像データが全部消えてしまう。レンタルしにきた人に貸し出すテープがない!とパニックになった店員たちは、なんと自分たちが監督・脚本・出演してそのテープに上書きして、新たな「ゴーストバスターズ」を作り出してしまう!

いやあ、なんていきあたりばったりなんでしょう。。。おい、それはないだろう!とオリジナルを知っている人ならば突っ込みどころ満載の撮影続き。しかし、それがひょんなことから評判を呼んでしまい、スタッフや出演希望者も殺到・・・
とっても愛らしいストーリー展開になっています。もちろん「オリジナルの侵害」なわけですから、一筋縄ではいきません。でもねぇ、ちょっと泣けるんですよね。

いくつもの映画へのオマージュ(?)がでてくるので、オリジナルを知っているほうが楽しめることは確かですが、知らなくてもOK。あ、でも事前予習の余裕がある方は、「ゴーストバスターズ」ぐらいは見ておきましょう。あれも名作だ。

タイアップイベントやグッズもいくつかすでに決まっているようです。
●URBAN RESEARCHにて劇中に登場する、お店の店員が着用している服を模したTシャツの販売。渋谷店・名古屋店・堀江店では「僕らのミライへ逆回転展」開催。実際に使用した小道具も展示予定。堀江店併設のACCENT CAFEにて映画オリジナルメニューが登場。
●CA4LAにてVHSテープがデザインされたオリジナル帽子の発売。
●B-SIDE LABELで映画オリジナルステッカーの発売。
●ベーカーバウンス(三軒茶屋本店・東京ミッドタウン店)にて映画オリジナルメニューの発売。
●GoldenSpoon六本木店で公開記念"ダブルフレーバー"の発売。
●スワン カフェ&ベーカリー 赤坂店、銀座店が期間限定「僕らのミライへ逆回転」カフェに。オリジナルメニュー販売予定。




出演:ジャック・ブラック (『スクール・オブ・ロック』『キング・コング』『ホリデイ』『カンフー・パンダ』『テネイシャスD』) モス・デフ (『チョコレート』『16ブロック』)  ダニー・グローヴァー (『リーサル・ウェポン』『ドリーム・ガールズ』)  
監督・脚本:ミシェル・ゴンドリー(『エターナル・サンシャイン』『恋愛睡眠のすすめ』)
音楽/ジャン・ミシェル=ベルナール 美術/ジェームス・ドナヒュー
2008年/アメリカ映画/101分/ドルビーSRD/スコープサイズ 原題:Be Kind Rewind
(c)Newline Productions/Junkyard Productions
10月11日(土)より、
シネマライズ、シャンテ シネ、新宿バルト9他全国順次ロードショー


さて、この予告編のなかで、あなたは何の映画を見つけられますか?



↓きたもとが気がついたもの
続きを読む >>
| 試写/MoviePreview | 16:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2008.08.29 Friday author : Yuko Kitamoto

【試写】ウォンテッド(WANTED) 出演:ジェームズ・マガヴォイアンジェリーナ・ジョリーモーガン・フリーマン

アンジェリーナ・ジョリーが去年の一時期激ヤセしていましたが、この作品のためだったのね。いやあ、細い!!!

二の腕のたるみがないを超えて、筋っぽさがめいっぱい確認できるぐらい、アンジーの腕っぷしが披露される映画『WANTED』を見てきました。でも、主役はジェームズ・マカヴォイです。
ジェームズ・マカヴォイは日本ではまだそれほどメジャーではありませんが、私はかなり好きな俳優です。『ペネロピ』も『ラストキング・オブ・スコットランド』も良かったなぁ〜。しかしどちらもやさ男の役です。そんな彼がアクションもの?と思ったら、案の定やさ男、それもかなりのダメ男からのスタート。突然命を狙われる「巻き込まれ系」から、自分の意思を持って戦う男への変貌を見せ、アクションもいけるのをビシバシ見せてますよ。ジョン・ウーばりの二丁拳銃も披露してます。

ストーリーは近未来っぽく見えるけど、さにあらず。現代の知られざる裏側の世界の物語。登場する暗殺者たちが持つ特殊能力は心拍数が急激にあがると、五感のすべての機能がアップするというもので、潜在能力をさらに鍛え上げたときに得られるものという設定。予告編でも見られるこの映画一番のウリ「曲がる銃弾」(マトリックスでいうところの銃弾を止めるみたいなもんよ)も、彼らのトレーニングのたまものなのです。
『ナイト・ウォッチ』でロシア映画の新世紀を切り開いたティムール・ベクマンベトフのハリウッド進出作だけあって、彼の得意な闇の濃淡を使う映像はちょっとうっとりします。

主演のジェームズ・マカヴォイが来日し、吹き替えのDAIGOさんとともに登場するジャパン・プレミアが来週月曜日に行われるそうですよ。私も行きたいけど、別件入っているので残念無念。。。

予告編






監督:ティムール・ベクマンベトフ 『ナイト・ウォッチ』『デイ・ウォッチ』
出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジェームズ・マカヴォイ、
   モーガン・フリーマン、テレンス・スタンプ
原題:WANTED 
原作(グラフィックノベル):マーク・ミラー「WANTED」
全米公開:2008年6月27日(北米配給:ユニバーサル・ピクチャーズ)
配給:東宝東和

9/13(土)14(日)15(祝)<3連休>先行上映
9/20(土)日劇1他全国ロードショー

http://www.choose-your-destiny.jp/
| 試写/MoviePreview | 21:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2008.08.15 Friday author : Yuko Kitamoto

【試写】SEX AND THE CITY(出演サラ・ジェシカ・パーカー/キム・キャトラル/クリスティン・デイヴィス/シンシア・ニクソン)

ようやく行けた!「SEX AND THE CITY」の試写〜ラブ

SATC

ロケの時点からかなりの写真が出回っていたし、公開後のアメリカでの評判とかいろいろ事前情報が多すぎてどうなのよ〜!と思っていたけれども、私としては「やっぱり面白い!元気が出る!!」作品でした。

エンドロールに流れる、協力した高級ファッションブランド名の数は、恐らく映画史上最大数なのでは? いただいたプレスシートによれば、キャリー役の主演のサラ・ジェシカ・パーカーだけで80着以上、主要キャラクターの4人合わせると300着も衣装を使用したそうですびっくり

そのほか、資料によると
●TVシリーズで寝た男の数 キャリー14人、ミランダ18人、シャーロット17人、サマンサ∞
(笑)

大ヒットしたことを受けて、続編の制作の話も出ていますが、どうですかね? これできれいに終わってもいいのかなぁとも思うのだけれども。男子にとってのスターウォーズのように、クロニクルとして続くのも面白い? 30代前半だったキャラクターが40代を迎えるのを6シーズンものテレビドラマシリーズと映画で見てきても一向に色褪せないのは、それぞれのキャラクターがとてもリアルだから。一言多かったり、失敗したり、泣いたり、それを乗り越えたり、女子が生きていく上でぶつかる様々な出来事に正直にぶつかる姿をみんな4人のキャラクターの誰かのどこかの部分に投影しながら見ているのです。

DVD発売がいまから待ち遠しいけれども、まずはサントラをば。オススメですよ〜
SATC サントラ




JUGEMテーマ:映画


| 試写/MoviePreview | 15:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2008.07.21 Monday author : Yuko Kitamoto

【試写】ハンコック(監督:ピーター・バーグ出演:ウィル・スミスシャーリーズ・セロン)

ウィル・スミス主演の「ハンコック」の試写にいってきました。

ヒーローなのに嫌われ者という設定が面白いですね。
今回YouTubeなどを使った動画予告キャンペーンが行われているので、映像でチェックしてみるのも楽しいと思います。って、こんなに出しちゃったら、映画館で「あ、これもみた」ってならないのでしょうか…。

HPでは、ハンコックのウィジェット提供サイトのリンクがあります。
グーグル、Yahoo!、Facebookなどなど。
http://www.sonypictures.jp/movies/hancock/


予告編 News形式で毎週提供中
古いものから・・・
<ノーマル 予告編>

大迷惑シーン1

大迷惑シーン2

大迷惑シーン3

大迷惑シーン4


続きを読む >>
| 試写/MoviePreview | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |



スポンサードリンク
広告ユニット