- - http://kitamocchi.jugem.jp/ 2013-04-13 daily 1.0 きたもとゆうこの頭のなか(仮)
<< 日経トレンディネット ヒットの芽「デパ地下の新ブランド店舗でスイーツ「ポップオーバー」が即完売!」 | Main | 成田エクスプレス チケットレス予約ですーいすいっ だけどー >>
2018.06.05 Tuesday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2011.02.18 Friday author : Yuko Kitamoto

紫野和久傳 季節のおもたせに感動!

素敵なプレゼントをいただきました。


京都の紫野和久傳のおもたせのセット。


既存のセットではなく、お店で詰め合わせていただいたようです。
久々に開けるのにどきどきしました。閉じた状態でも写真とっておけばよかった・・・



穴子茶漬け、福久梅(ふくめ)鰯、冬茹(どんこ)椎茸に、丹後米。


丹後米は和久傳発祥の地の京丹後で無農薬で育ったもの。



それぞれに説明書きがついていました。

頭のなかで京都弁で再生するといいかんじです。


福久梅鰯は「とれとれ」の鰯を純米酒と梅肉で炊き上げたもの



梅のふわっと鰯を包むように繊細なのは、お酒と炊いているからでしょうか。



冬茹椎茸は天日で一度乾燥させた冬茹を使っているそうです。



肉厚でぷりぷりでおいしゅうございます。



これとごはんだけでご褒美気分だったので、穴子茶漬けは別日のお楽しみにしました。


この言葉がすごくふさわしいと思う。


「ご馳走さまでした」


紫野和久傳
http://www.wakuden.jp/
| 食/EAT | 13:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2018.06.05 Tuesday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 13:13 | - | - | pookmark |



スポンサードリンク
広告ユニット
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK