- - http://kitamocchi.jugem.jp/ 2013-04-13 daily 1.0 きたもとゆうこの頭のなか(仮)
<< mixiアプリ「スマイル空港」はやっかいなゲームだにょろの巻 | Main | RIMOWA プレミアムライン SOLID SERIES(ソリッドシリーズ)が誕生! >>
2018.06.05 Tuesday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2010.12.14 Tuesday author : Yuko Kitamoto

RIMOWA TOPAS生誕60周年記念VINTAGE COLLECTION

いつかは欲しい、RIMOWAのアルミのスーツケース。。。
私は非力&バックパッカーなもので、おしゃれなスーツケースなんて夢のまた夢。
いつも旅先で捨てて、RIMOWAで帰ってこようと思うのですが、結局同じソフトケースで旅を続けています。
だってねぇ、まだ使えるもの! モロッコの灼熱の太陽の下でも、ザルツブルグの雪のなかでも、ごろごろころがしてましたよ。

さて、本題。
スーツケースの定番となったRIMOWAがその原点に立ち返るべく、ヴィンテージケースを発売。


リモワは1937年に最初のアルミ合金製のケースを発売。1950年代初頭には飛行機での旅が始まり、それまでの列車や船の旅のようなレザーケースではなく、軽くて丈夫なケースが求められるようになるなかで人気を博してきました。

今回発売されるヴィンテージケースも、それに「1950年」にちなみ

世界で1950個のみ

というプレミアもののシリーズは、ちらりと伺ったところによると日本での正規入荷は100個程度。
スーツケースは使ってなんぼ!ですが、これはオブジェとしてキープするために買う人もいるかもしれませんね。

すべての商品にはシリアルナンバーが刻印されています。
ハンドル部分はアルミ削り出しで、航空機用のアルミニウムが使用されています。

価格は30万9750円から38万8500円51万4500円から57万7500円。
※発売がようやく実現する2014年1月発表で価格改訂がありました。


同シリーズはリモワ丸の内店をはじめ、世界各国のリモワ フラッグシップ ショップで2010年12月より販売予定だと聞いていたけど、どうやらまだ入荷していないみたい。
気になる方はRIMOWA丸の内へ!




そう、TOPAS(トーパス)といえば、ITmedia時代にこんな記事を作ったことがあります。

+D Style::トラベルビジネスバッグ特集
http://bizmakoto.jp/d-style/fashion/061205/



いやあ、もう4年も前なのね…


【そのほかのおすすめトピックス】
●Herman Miller Store Opening Reception(2010.12.10 Friday)
 丸の内に世界初のハーマンミラーストアーが2010年12月11日(土)オープン。


RIMOWA丸の内店
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル1階
TEL:03-5224-3377
定休日:不定休 営業時間:11:00〜20:00
http://www.hayashigo.co.jp/rimowa/shop/marunouchi.html
| ファッション/Fashion | 04:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2018.06.05 Tuesday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 04:37 | - | - | pookmark |



スポンサードリンク
広告ユニット
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://kitamocchi.jugem.jp/trackback/915
TRACKBACK