- - http://kitamocchi.jugem.jp/ 2013-04-13 daily 1.0 きたもとゆうこの頭のなか(仮)
<< L25 5月27日号チュロス記事取材・執筆 | Main | 荒木 経惟 「古希ノ写真」のち、新宿ミステリーツアー >>
2018.06.05 Tuesday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2010.05.27 Thursday author : Yuko Kitamoto

ドコモ携帯の歴史を一挙公開中!「mobile TIDE 2010」に行ってきた

D203に始まり、D205、N503i、P901iS、SH903iSのルビーレッドを経て、気が付けば10年以上のドコモユーザーの私。
約4年ぶりにドコモのケータイを機種変更しました。

2台めのリアカバー(裏蓋ね)の紛失で必要に迫られてだったのですが、ケータイって全体的な方向性としては安定期に入った感じですね。店頭にいっても「なんじゃこりゃー!」的な驚きのものもなく。

私の条件は
●そこそこ薄いこと
●折りたたみデザイン
(ネット用はiPhone、通話用はドコモと2台持ちで分けているため)
●カメラの画素数が500万画素以上(要するに旧機種よりも良い方がいい)
でした。

結局これらを満たす発売中のものから、見た目のつるつる感とこれまで使ったことがない鮮やかなブルーに惹かれてSH-02Bを購入した次第です。
5月下旬より続々発売となる最新モデルを待つことも考えたのですが、やはりカバーなしには限界が…

あと、仕事で新機種を見すぎるがゆえの悩みなのですが、いざ自分のケータイとなると買い替えタイミングの波に乗れないのです!
P901iS→SH903iSの私にしてはわりと短期間での機種変更理由も、自転車から落としてヒンジの部分が欠けたまま使っているのに限界がきたから。

「iモードスタイル」という月刊誌を3年作っていたときは、新機種が出るとなれば、速報記事に始まり、機能比較、デザインインタビュー、同じシチュエーションをケータイカメラで撮ってみたり、内蔵着メロ数の比較、などなど、あとは法的にNGな分解しかすることがないレベルまでがっつり取材したものです。
嫌でも仕事で最新ケータイと次々とお付き合いをするのって、スペックの高いイケメンが揃えば揃うほど、普通の今彼が気を張らなくて楽なのに気が付くっちゅーのに似ているような…

I've been using DoCoMo mobile phones for over 10 years now.My first mobile phone was "D203", and I swiched to D205→N503i→ P901iS, and SH903iS.
The designs of mobile phones in Japan is now more conservative I think.
A few years ago, I used to find lots of crazy and cute mobile phone in Japan.


そんなわけで、ドコモのケータイには公私ともに悲喜こもごも、様々な思い入れがある私。
表参道ヒルズにて現在開催中の「mobile TIDE 2010」の光景は壮観でした。
歴代全機種が発売順にずらりと並ぶという非常にシンプルな展示は、ドコモユーザーじゃなかった人にはいまいちかもしれませんが…。


私の「あー、懐かしい!」ケータイはこれ。

自分が使っていたD203とD206。色はネイビーブルーとプラチナホワイトでした。
ストレート型にボタン部分がフリップになっているこのタイプは「パカパカ」と呼ばれていました。まだ折りたたみケータイがない時代です。


ドラえホンにガンダム(私の通称)。ドラえホンはPHSなんですよね。


「リストモ」とSH903iS
※間違い修正しました。


えーと、NOKIAのマトリックスケータイってこれだっけ? と、防水ケータイ
※すみません、モトローラの間違いでした。関係者の方々申し訳ありません!


「最小ケータイ」という撮影をするのに私の手を使ったら、私の手が標準よりも小さいがゆえにあまり小さく見えなかった「premini」。そして、初の折りたたみデザインのN。ここからNブームが始まったのです


「横モーション」だっけ?Pと、初期の携帯電話。さすがにこの頃は知りません…


個人的には、「ダットエムオー」のカスタムジャケット一覧などのいまのブランドコラボケータイにつながる歴代コラボアイテムも見たかった。

現地で配布されているパンフレットがケース付きとなかなか豪華。これはコレクター魂を刺激するのではないでしょうか?
こちらの展示は、表参道ヒルズ地下のスペースOにて5月30日まで行われています。



MOBILE TIDE 2010

On display are a wide range of Docomo cellphone models, ranging from early versions to latest pieces from the 2010 collection.

■日時:5/22(土)〜5/30(日) 11:00〜21:00(日曜日は11:00〜20:00)                              ※5/22(土)は、13:00からの開場となります。                              ※5/24(月)は、18:00までの開場となります。
■場所:表参道ヒルズ 本館B3F スペース オー 
■入場:無料
■主催:NTT DOCOMO

■2010-05-22 at 13:00 To 2010-05-30 at 18:00
■Place:Omotesado Hills, 4-12-10 Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo
■Entrance Fee:Free





| 携帯電話ネタ | 23:51 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
2018.06.05 Tuesday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 23:51 | - | - | pookmark |



スポンサードリンク
広告ユニット
COMMENT
>えーと、NOKIAのマトリックスケータイってこれだっけ? と、防水ケータイ

これはモトローラ
NOKIAのそれはNM207とNM502i
(映画で使われていたのは海外モデルで上のは似ているだけのもどき)
| 姫 | 2010/05/28 10:08 AM |
iスタ時代にお世話になりましたー。
ワタシは明日いきまーす。

ところでみんなツッコむと思いますが、腕時計端末は「リストモ」でーす。
| わたなべ | 2010/05/28 5:29 PM |
>姫さん
そうだ!ご指摘ありがとうございます。ばっちり「M」マーク入ってるのにね…ボケ過ぎです

>わたなべさん
こちらこそご無沙汰しちょります。
リストモ…そうだ、こちらも失礼をば。やっぱり私は機種についてはだーめーだー!!サイト担当に戻ります…
| きたもと | 2010/05/29 1:30 AM |
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK