- - http://kitamocchi.jugem.jp/ 2013-04-13 daily 1.0 きたもとゆうこの頭のなか(仮)
<< Nike Stadium Tokyo opening party@nakameguro | Main | L25 5月27日号チュロス記事取材・執筆 >>
2016.06.30 Thursday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2010.05.26 Wednesday author : Yuko Kitamoto

SHOKAYの設立秘話「世界を変えるお仕事」/マリー・ソー、キャロル・チャウ

出会い運というものがあるならば、私はかなり持ち合わせているようです。

昨日出版パーティを行ったキャロルとマリーに出会ったのは約2年半前。

いまさらですが、夏に会ったのに、ブログアップが冬になっているというとんでもないスローペースっぶりですね。でも遅くともやっぱり誰かに知ってもらいたい!と書いたこのトピックスは、「SHOKAY」と検索するとGoogleでは公式サイトに次ぐ3位をキープしています。

⇒ビジネスで世界を変える女子のブランド「SHOKAY」(2008.12.13 Saturday)


それから時を経て、ビジネスをさらに成長させ、いまや常設店舗を国内にも構えるまでになったSHOKAY。
SHOKAYというラグジュアリーブランドという新たなソーシャルビジネスを実現させた二人の道程をしるした本が出版されました。

世界を変えるオシゴト 社会起業家になったふたりの女の子の感動物語 (講談社BIZ)
マリー・ソー、キャロル・チャウ





会場となった「DoGood, BeHappy! 表参道ヒルズ店」は、日本発のグリーンでエシカルなライフスタイルショップ。同店舗はSHOKAYのフルラインが揃う唯一のショップです。



購買意欲刺激されまくりだったのですが、今月お買いものしすぎのため自粛…


左からマリー、キャロル、元marie clair編集長で恵比寿にあるセレクトハウス「Bios」のクリエイティブ・ディレクターの東浦真弓さん、きたもと。
from left side,Marie So,Carol Chyau,Mayumi Toura([Bios]creative director)and me.

SHOKAYでは、製品を通じた社会貢献だけでなく、ヤクの毛を使った商品にちなんだ「good action project」で、ヤクの人形を通じて個々人の社会貢献活動を促進する試みも行っています。

最後になりましたが、SHOKAYの日本代表でこの本の翻訳を手掛けられた林民子さん
民子さんと出会ったことも、私の宝物です。
マリーとキャロルの話もぐっときましたが、最後のあとがきまで来て電車の中でボロボロ泣きそうで大変でしたよ…

お天気が悪い日が続いていますが、ぜひこの本を読んで「トラブルもチャレンジと捉える」素敵な女性たちのリアルストーリーで、元気をもらってください。




【これまでにアップした関連トピックス】
ビジネスで世界を変える女子のブランド「SHOKAY」(2008.12.13 Saturday)
  民子さんいわく「日本で最初にSHOKAYを紹介したかも」ですって!光栄です!!
| ReceptionParty | 13:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2016.06.30 Thursday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 13:30 | - | - | pookmark |



スポンサードリンク
広告ユニット
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://kitamocchi.jugem.jp/trackback/734
TRACKBACK