- - http://kitamocchi.jugem.jp/ 2013-04-13 daily 1.0 きたもとゆうこの頭のなか(仮)
<< 妹夫婦の入手品「REDWINDのOXFORDと謎のシャンプー | Main | 第3回したまちコメディ映画祭in台東 コメディ短編作品&サポーター募集 >>
2016.06.30 Thursday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2010.05.06 Thursday author : Yuko Kitamoto

【試写】パーマネント野ばら(監督吉田大八、出演菅野美穂、小池栄子、池脇千鶴、宇崎竜童、夏木マリ、江口洋介

少し前になりますが、久々に試写会にいってきました。



この「パーマネント野ばら」は、西原理恵子さん原作の映画化。西原作品としては大人が主人公の抒情的なものいう新ジャンルで、映画化権をめぐっては10数社間の争奪戦に。菅野美穂さんの8年ぶりの主演作ということもあり、業界人女子の「気になる度数」は高めの作品です。

試写状をいただいたものの、観に行くタイミングを逃していたのですが、某社の編集担当のFさんから「よかったですよ〜」と太鼓判を押され、完全に予定をあけて臨戦態勢を整え、観てきました。
上映開始30分前だというのに、ほぼ満席。好評のため、追加試写も行われたようです。

田舎の港町を舞台に、男に振り回されながらも恋せずにはいられない女子たちのせつないお話。
菅野美穂さんが演じる主人公なおこの恋がメインなのですが、そちらのぐっとくる展開にはちょっと涙がじわり…
担当Fさんの「いろいろ考えられるラストですよねぇ」という言葉に納得。次の打ち合わせ時には語らなきゃ!ですわ。

アラサー(推定)から、還暦を感じさせる風情の方まで
「女子」、と一口にいっても、年齢の幅は相当なものです。

でも、恋のリングに上がり続ける女は、いつだって女の子!
パンチパーマをかけていても、浮気者の夫を車で引いちゃっても。。。

実はその昔、女子の恋愛の面白い復讐方法だけ集めたサイトができないかと思ったことがあります。

夫のスーツを全部半袖・半ズボンにした女性

同棲解消する前に、食器を割って洗濯機に入れ、最後に醤油を注ぎ込んだツワモノ・・・

浮気した恋人への復讐というのは、みんな大なり小なり色々とやっています。
とりわけ私や私の友人の周りには強烈なものが多いようで、それを集めて一覧にして、みんなで笑いたい!
この映画に出てくる女子たちは、哀しみもせつなさも一緒くたに泣き笑える友がいるけれど、そんなふうに、「ああー、みんなバカやってるけれどめげてないなぁ」と、友達に会えない夜でも読むだけで思えるサイトがあればいいな、なんて思っていました。

この映画は女子必見モノです。
笑って、笑って、せつなくて、最後にぐぐっとくる。

5月22日から公開です。
関連本も出版されます。こちらは5月14日発売。
カンノが、出会ったオンナたち 菅野美穂 meets 映画『パーマネント野ばら』

<amazonより>
菅野美穂が語り下ろす、オンナの心模様

永遠に変わらないもの。大事にしたいもの。いつかわたしも見つけたい───。
女性はたくましい。だから切ない。男の人がしっかりしていないから───。
菅野美穂が8年ぶりの主演映画となる『パーマネント野ばら』で出会ったオンナたちの心模様を4万字で語り下ろします。
語られるのは、オンナの生き方、仕事や女優についてなど、菅野美穂が撮影を通して感じた女性としての思い。
原作者・西原理恵子との痛烈な対談や撮り下ろし写真、撮影現場オフショットなど、カンノの魅力が満載です!









原作:西原理恵子『パーマネント野ばら』(新潮社刊)
監督:吉田大八 
出演:菅野美穂 小池栄子 池脇千鶴/宇崎竜童 夏木マリ/江口洋介
配給:ショウゲート
(C)2010映画『パーマネント野ばら』製作委員会

5月22日(土)、新宿ピカデリー、シネセゾン渋谷、ヒューマントラストシネマ有楽町、シネ・リーブル池袋他全国ロードショー

http://www.nobara.jp/
※公式サイトは音が出るので会社でアクセスする人は注意をば!





| 試写/MoviePreview | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2016.06.30 Thursday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 23:19 | - | - | pookmark |



スポンサードリンク
広告ユニット
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://kitamocchi.jugem.jp/trackback/722
TRACKBACK