- - http://kitamocchi.jugem.jp/ 2013-04-13 daily 1.0 きたもとゆうこの頭のなか(仮)
<< atmos The SHEL'TTER TOKYO In shop opening party | Main | 肉好きの聖地「ウルフギャング・ステーキハウス」がついに日本上陸!/WOLFGANG'S STEAK HOUSE roppongi >>
2018.06.05 Tuesday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2014.02.09 Sunday author : Yuko Kitamoto

大雪警報発令の銀座でPHOTOGRAPHER HAL写真展”雜乱”opening reception

久々の大雪のなか、丸の内でのイベント取材へ。


その帰り、「銀座だったら歩いていけるな」と思ったのが運の尽き。


都心のたった1駅が遠い・・・


東京駅がかすんでみえるよ、パトラッシュ・・・
HAL5.jpg




アートオブジェも雪に埋もれる寸前です(18時)
HAL4.jpg



丸の内仲通りのお店は、早いところでは13時、17時にはかなりのお店が早々に店じまいしていました。


遭難するかと思ったよ・・・



なんとか無事に到着したのが銀座ニコンギャラリー。

フォトグラファーHALさんの個展のオープニングです。


悪天候のため、前倒し開始・早めの終了だけど、たくさんの方が来ていましたよ。

HALさんは「1人ぐらいしかこないかと思った」そうですがw

HAL6.jpgHAL7.jpg




HALさんがいま手がけているのが、カップルをパッキングしてしまう写真作品。

今回は、さらに、二人を構成する生活用品や宝物までもパッキング。


HAL8.jpg
HAL2.jpgHAL1.jpg



HALさんが持っていた小さいプリントを見せていただいたような記憶があるのですが、やっぱり迫ってくるものが違いますね。


海外の雑誌でもたくさん取り上げられています。

HAL3.jpg




2月11日まで開催中です。
http://www.nikon-image.com/activity/salon/exhibition/2014/01_ginza.htm#04

<展示会内容> ※サイトより転載
PHOTOGRAPHER HAL 写真展
雜乱
1/29 (水) 〜2/11 (火)
10:30〜18:30(最終日は15:00まで)
休館:2/1(土)・2(日)


写真展内容
作者は、今までカップルが惹かれ合うパワーを表現するため、彼らを真空パックして、密着させて撮影していたが、さらに愛のパワーを表現する方法はないか試行錯誤していたときに、一生を終えた星が収縮してブラックホールになり、あらゆる物を吸い寄せるという話を思い出した。
そこで、二人の生活上で身の回りにある彼らが愛してやまない物たちを、もろごと真空パックしてみた。
彼らが身にまとった一見無秩序な物たちは、胎内の中で羊水を栄養に生きる胎児のように彼らが生きて行く上で必要な物たちであり、自然界のすべてのもののように、彼らに選ばれる運命を辿って張り付いている物たちや、それらの配置は必然である。また、渾然一体となったそこには、彼らのパーソナリティーや美が凝縮され、愛のエネルギーが充満している。カラー26点。

PHOTOGRAPHER HAL(フォトグラファー ハル)
1971年東京生まれ。大学でメカニックを学ぶ。2004年写真集『PINKY & KILLER』発売後、カップルを被写体に撮影を行っている。11年Art of Photography(USA) 1st Place、12年Prix de la Photography(Paris) 3rd Plize、同年同賞2nd Plize受賞。

主な写真展(個展)に、99年「ナツヤスミ」(新宿ニコンサロン・Juna21)、2009年「Couple Jam」(ギャラリー冬青)、11年「Flesh Love」(新宿ニコンサロン、ギャラリー冬青)、12年同展(TANTO TEMPO/神戸、Blue Sky Gallery/Portland・USA)、13年同展(1839 Contemporary Gallery/台北・台湾)があり、グループ展に、09年Jeune Photographie Japonaise(アルル/フランス)、12年New Directions-Crossing Territories(Wall Space Gallery/USA)、Love Love Show(鞆の津美術館/福山)、I Am Heath Cliff(Daine Singer/メルボルン・オーストラリア)、Transformer. The Body Remixed(Galerie SAW Gallery/カナダ)などがある。
写真集に、04年『PINKY & KILLER』(私家版)、07年『PINKY & KILLER DX』、09年『Couple Jam』、11年『Flesh Love』(以上冬青社)がある。








【アートとデザイン関連のトピックス】
●吉岡徳仁−クリスタライズ@東京都現代美術館 Tokujin Yoshioka “Crystallize” at Museum of Contemporary Art Tokyo (MOT)(2014.01.14 Tuesday)
●H.P.DECOが提案するChristmas Partyデコレーション(2013.12.05 Thursday)
●LIME POCKET for BOMBAY SAPPHIRE designed by Nendo(2013.11.06 Wednesday)
●波佐見焼を世界に発信! 陶磁器ブランド 「ものはら」 第一弾「くらわんかコレクション」展示会 / Monohara Ceramic Collection by House Industries(2013.11.06 Wednesday)
●mobiles brand "tempo" launch party at lim art gallery(2013.11.05 Tuesday)
●鹿児島睦の図案展@doinel / Makoto Kagoshima Exhibition at doinel,Tokyo(2013.11.04 Monday)
●"Graffiti" Rings by Hideyuki Nakayama for NIESSING/グラフィティリング by 建築家・中山英之(2013.10.29 Tuesday)
●いよいよ会期終了!アメリカン・ポップ・アート展に駆け込み / American Pop Art:From the John and
| Art and Design | 19:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2018.06.05 Tuesday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 19:16 | - | - | pookmark |



スポンサードリンク
広告ユニット
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK