- - http://kitamocchi.jugem.jp/ 2013-04-13 daily 1.0 きたもとゆうこの頭のなか(仮)
<< ジェシー・ハリス ライブで心の栄養補給/Jesse Harris live @OnEdrop cafe. | Main | 「10 Japanese Designers in koloro-desk」展レセプションパーティー >>
2018.06.05 Tuesday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2013.06.14 Friday author : Yuko Kitamoto

雨の日も気分上々に 中川政七商店の「富士傘(ふじさん)」/Mt.Fuji design umbrella "FUJISAN"

梅雨っぽくない天気だね、なんていっていたのは先週のことですが、今週は雨続き。


本格梅雨シーズンになると、雨で髪は爆発、服は湿気でじとっとしてお出かけ時は憂鬱な気分に・・・

どうせならばこの時期ならではのお楽しみのレイングッズでおしゃれをしましょうぞ。



きたもとが今年投入したもの。その1は、この傘。

中川政七商店_富士傘2.jpg




富士山のデザインになった、ビニール傘「富士傘」です。

最近はビニール傘の透明な面をキャンバスにした傘がたくさん出ていますね。
私はほかに、Franfrancのアラン・チャンのプロデュースタイプのものを愛用しています。普通の傘でも1000円程度のものはありますが、あえてのビニ傘。

空や緑を目にするってことは、佳境になると引きこもらざるを得ないライターにとって、貴重な時間ですから。



中川政七商店_富士傘.jpg



製造・販売しているのは、中川政七商店。伝統の技術を日常に手にできる分野のアイテムに、現代の風味を加えたりしながら生かしているブランドです。

通販でも購入できます。


遊 中川
http://www.yu-nakagawa.co.jp/







【ART・デザイン関連のトピックス】
●トーヨーキッチンスタイル「妖しのインテリア」展/Toyo Kitchen "AYASHI NO INTERIOR"exhibition(2013.05.25 Saturday)
●Francfranc 『L・A・G by Francfranc 吉祥寺店』を一足お先に見てきました part2 2階・3階はベッドルームアイテムも(2013.05.12 Sunday)
●5月10日オープン! Francfranc 『L・A・G by Francfranc 吉祥寺店』を一足お先に見てきました part1(2013.05.09 Thursday)
●FENDI ― UN ART AUTRE Another Kind of Art, Creation and Innovation in Craftsmanship 〜フェンディ もうひとつのアート、クリエイションとイノベーションの軌跡〜(2013.05.04 Saturday)
●江口綾音展「ふかしの王国」 @ミヅマアートギャラリー 神楽サロン/Eguchi Ayane Exhibition "mystical kingdom"(2013.04.22 Monday)
●天明屋尚展 「下絵と版画」 / Hisashi Tenmyouya ”Rough Sketch and Print" Opening Party(2013.04.14 Sunday)
●3秒で着られる宇宙服体験! [What's up, Space? by JAXA COSMODE] at LOGOS gallery(2013.03.16 Saturday)
●【新宿Flags Renewal Open】伝統と現代が交差するライフスタイルストアへ 「Afternoon Tea LIVING ReMIX」(2013.03.08 Friday)
●グループ展「一幕見」 /Group Exhibition「HITOMAKUMI」 opening party at TENGAI Gallery(2013.03.02 Saturday)
| Art and Design | 11:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2018.06.05 Tuesday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 11:27 | - | - | pookmark |



スポンサードリンク
広告ユニット
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://kitamocchi.jugem.jp/trackback/1917
TRACKBACK