- - http://kitamocchi.jugem.jp/ 2013-04-13 daily 1.0 きたもとゆうこの頭のなか(仮)
<< Menjoy!:ランドセル時代を思い出す…懐かしの「小学生男子」生態 | Main | 【大日本市2012ss】業務専用バッグを日常に!BAGWORKSの働かせたいバッグたち >>
2016.06.30 Thursday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2012.02.16 Thursday author : Yuko Kitamoto

【大日本市2012ss】包丁工房タダフサの一生メンテナンスしてもらえる刃物

先週開催された、日本の伝統工芸メーカーが代々伝わる技術を使って生みだした雑貨やファッション、インテリアなどアイテムを紹介する展示会「大日本市」。

そのなかで、掲載OKをいただいたものをアップしてご紹介していきます。


1つめは、新潟県三条市の「包丁工房タダフサ」。

包丁工房タダフサ5.jpg


これまではザ・技術の会社!というイメージの「株式会社タダフサ」でしたが、今春より新ブランド「包丁工房タダフサ」を展開します。

デザイナーは柴田文江さん

ラインナップはこの7本。
包丁工房タダフサ3.jpg


左側が基本の3本のパン切り(8500円)、万能170弌8000円)、万能125弌6500円)。

右側が次の1本としての候補4本。




柄の部分のふれた瞬間あたたかみを感じる不思議なアールがたまりません。。。
包丁工房タダフサ2.jpg

これは特許の技術なんですって。


各パッケージには「包丁問診票」がついていて、これと一緒に送付すれば、修理してもらえるそうです。
そう、買った瞬間から一生メンテナンスしてくれる専門ドクター付きの包丁なのです。

包丁工房タダフサ1.jpg



こちらの道具でどんな問題も解決してくれるそうです。
自分の包丁が新潟まで旅をして、ひとつひとつトンカントンカンと修理してもらう……童話の世界のような図がうかびます。

包丁工房タダフサ6.jpg



発売は3月から。取り扱い店舗をきめるための展示会なので、どこに並ぶかはこれからのお楽しみということで。


株式会社タダフサ
新潟県三条市
http://www.tadafusa.com/



【大日本市でみつけた他のアイテムたち】
●【大日本市2012ss】業務専用バッグを日常に!BAGWORKSの働かせたいバッグたち(2012.02.17 Friday)


【デザイン関連のトピックス】
●ハーマンミラー ジャパンでマティアッツィ社の家具販売開始 発表&懇親会(2012.02.12 Sunday)
●POUSOFFFICEのお披露目で発見!OGATAのファニチャー(2011.12.20 Tuesday)
●オフィス家具のセレクトショップ「WORKAHOLIC」がオープン(2011.12.09 Friday)
●【DESIGN TIDE2011】ベッドギャラリーASLEEP東京[自由に発想するピロー]Free Shaping Pillow(2011.11.01 Tuesday)
●DESIGN TIDE TOKYO 2011が今年も始まりました!(2011.10.29 Saturday)
●無印良品青山店が「Found MUJI 青山」にリボーン!(2011.10.24 Monday)
●CREATIVE KITCHEN 2日目「デザイン、映像、アート、そして新しい物語へ - 表現×テックでサバイブする -」(2011.09.25 Sunday)

| 展示会・発表会 | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2016.06.30 Thursday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 22:07 | - | - | pookmark |



スポンサードリンク
広告ユニット
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://kitamocchi.jugem.jp/trackback/1390
TRACKBACK