- - http://kitamocchi.jugem.jp/ 2013-04-13 daily 1.0 きたもとゆうこの頭のなか(仮)
<< Menjoy!:これでイチコロ!シャンパン博士直伝「乾杯前の仕草」4つ | Main | Yuko Kitamoto /北本祐子 >>
2018.06.05 Tuesday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2011.12.30 Friday author : Yuko Kitamoto

年忘れに鎌倉で餅つき大会

今日は、鎌倉の友人宅で餅つきをしてきました。

一説によると、29日という日は「苦を搗(つ)く」として、お餅をつくのを避けるらしいのですが、場所によっては二九を音韻からフク(福)として、その日を選ぶ場合もあるとか。
今回は後者だったのでしょうか?

子供の頃を思い返すと、正月の三が日だったかはわからないのですが、お餅をついた記憶があります。
父方の祖父母と長男夫婦が住む家の庭に、大きなセイロを積み上げてもち米をむしていました。自分の背より高くて、「学校の給食当番の部屋みたいな湯気がある」とぼんやり見上げていた記憶があります。

さて、今回訪れた友人宅。鎌倉駅からさらに江ノ島電鉄にゆらりゆられて、ちょっとした旅気分。

mochitsuki2.jpg

カレーのスパイスなどの商社をしていて、彼で2代目。お父さんはインドの方です。
ナイルさんを見ているせいか、どうも「インド人の男性ってサービス精神旺盛ねぇ」と思っていたら、こちらのお父様もしかり。常に若い女性に囲まれておりました・・・(写真は自粛)。

さて、餅つきパーティ。

mochitsuki9.jpg
mochitsuki6.jpg


まさに、老若男女が集う、心地いいものでした。

mochitsuki7.jpg


このパウンドケーキは、先の写真の右側の女性からの差し入れ。
隣のおばあちゃんが作った干し柿をラム酒に付けたのだとか。

mochitsuki5.jpg

おもちの友も多種多様に用意されています。

mochitsuki3.jpg
このきなこは、実はスパイスが混ざっています。これにつけて、さらに醤油をプラスするのが絶品!


餅をつくきたもと。これこそ本当の「昔とった杵柄」。けっこう覚えているもので、「慣れてる?」と言われましたよ。
mochitsuki1.jpg
mochitsuki8.jpg

完成!


おまけ。友人宅のわんこ。けっこう大きくてもふもふしていました。人に慣れていて、全く吠えないし、こんなにいろいろあっても食べ物を要求しないお上品な子。
mochitsuki4.jpg




【日々の泡 カテゴリ】
●東京カリ〜番長12周年おめでとう!(2011.10.31 Monday)
●舞台「オーデュボンの祈り」を観てきました(2011.10.05 Wednesday)
●仕事でも、違う会社でも、道は違っても…(2011.08.22 Monday)
| 日々の泡/OrdinaryLife | 02:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2018.06.05 Tuesday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 02:00 | - | - | pookmark |



スポンサードリンク
広告ユニット
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://kitamocchi.jugem.jp/trackback/1342
TRACKBACK