- - http://kitamocchi.jugem.jp/ 2013-04-13 daily 1.0 きたもとゆうこの頭のなか(仮)
<< 来春スタート!新ブランド「LOURPHYLI(ロアフィリー)」を先取りチェック | Main | 松堂今日太と宮本亜門 2人展 “ Unseen ” ミエナイモノ >>
2018.06.05 Tuesday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2011.11.18 Friday author : Yuko Kitamoto

あしたの種 at Spiral Garden

青山のスパイラルビル1Fのスパイラルガーデンにて本日より開催中なのが、「福島の農業復興を支援する"ふくしまシード"」の活動を紹介する「あしたの種」展。

tane2.jpg


さまざまな支援、応援の活動を行ってきたもののひとつが、ひまわりの種を蒔くというプロジェクト。

放射能汚染を軽減できるというロシアでの実験からのトライアルのニュースを目にした方は多いのではないでしょうか。
結果として、芳しいデータは得られなかったのですが、この美しい光景を作り出したということだけでもきっと支援になったのではないでしょうか。

この展示では、それぞれの才能や時間を費やしておこなった思いが展示されています。

上の写真は、写真家の泊 昭雄さんによるもの。


会場では、ひまわりの種をいただきました。

今日はオープニングパーティだったので、このプロジェクトに歌で参加している熊木杏里さんのLIVEが!!

tane.jpg


天使の歌声ってこういうことなんでしょうね・・・
福島支援のために作った「太陽の種」という曲でした。

歌詞は、パネル展示されています。
tane4.jpg


養老猛さんのパネル
tane7.jpg


わたせせいぞうさんは漫画で。
tane6.jpg
「TOMORROW」という作品が一番好き。ぜひ見て欲しいですね。


このイラストを使ったグッズや会場で販売されているわたせせいぞうグッズの収益は赤十字を通して被災地に寄付されるそうです。
tane5.jpg



このほか、空撮カメラマンの遠藤明さんラジコンヘリで撮影された映像や林家正蔵さんが選者となった子供による絵などが展示されています。

会場にあったメッセージパネル。





以下、開催概要とメッセージを転載させていただきます。

◆開催概要◆
会期:2011年11月18日(金)〜23日(水)11:00−20:00
会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)
    東京都港区南青山5-6-23 ACCESS MAP
参加アーティスト:泊昭雄(写真)
            わたせせいぞう(画)
            養老孟司(言葉)
            熊木杏里(歌)
            林家正蔵(選者)
            遠藤明(映像)
主催:ふくしまシード
お問い合わせ先:ふくしまシード広報事務局 TEL: 03-5544-7214

-----------------------------------------------------------------------------------------------
雲ひとつない青空、地平線まで広がる畑、
まっすぐに並ぶ畝、汗をかきながら種を蒔く農業高校の生徒たち。
6月のある日、そんな種蒔きの光景を見ながら、畑の持ち主である農家は言った。
「まさか、ここがひまわり畑になるとは思わなかった。
でも、花が咲いたら、一生の思い出になるかもしれんね」と。

そこは、福島県の鏡石町。
3.11の震災で湖からのパイプラインが決壊し、水がひけなくなった田んぼである。
被害を受けた水田は、町の水田の8割を超えたと言う。
隣の須賀川市でも、大きなダムが決壊し、多くの水田に水がひけなくなった。
そんな時、水のない田にひまわりを植えようという声がどこからともなく起こった。
復興と希望のシンボルづくりだ。いや、それだけではない。
ひまわりを植えることで、土壌を痩せさせない。
ひまわりへの転作ということで、国から幾らかの補助も支給される。
そして、ひまわり畑は、瞬く間に4カ所の水田へ広がっていった。
最終的には、福島空港の滑走路横にも大きなひまわり畑がつくられ、
福島を訪れる旅人をあたたかく迎えた。
ひまわり畑の総面積は、東京ドーム5個分の約20ヘクタール。
咲いたひまわりの数は、約200万本。
種蒔きに参加したボランティアの数は、延べ1000人を超えた。

やがて、ひまわりの季節は足早に過ぎていった。
振り返ると、本当にこの活動は福島の人々のためになったのだろうかと思うことがある。
しかし、復興支援とは、ひとりひとりにできることをやるしかない。
私たちは、ただ、種を蒔いた。
カメラマンは、ひまわりの写真を撮った。
空撮カメラマンは、畑の上にラジコンを飛ばした。
漫画家は、ひまわりの物語をつくった。
シンガーソングライターは、ひまわりの歌をつくった。
学者は、福島の人たちへメッセージを送った。
落語家は、福島の子どもたちを笑わせた。
そのひとつひとつが、あしたの種なのである。
-----------------------------------------------------------------------------------------------



【ART・デザイン関連のトピックス】
●Erwin Olaf@Art Statements Tokyo(2011.11.12 Saturday)
●ULTRA004 art fair @ spiral Aoyama(2011.11.02 Wednesday)
●Happy Halloween at art gig tokyo(2011.11.01 Tuesday)
●DESIGN TIDE TOKYO 2011が今年も始まりました!(2011.10.29 Saturday)
●無印良品青山店が「Found MUJI 青山」にリボーン!(2011.10.24 Monday)
●【プラド美術館所蔵 ゴヤ 光と影】展はコラボグッズも充実しています(2011.10.22 Saturday)
| Art and Design | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2018.06.05 Tuesday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 23:02 | - | - | pookmark |



スポンサードリンク
広告ユニット
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://kitamocchi.jugem.jp/trackback/1291
TRACKBACK