- - http://kitamocchi.jugem.jp/ 2013-04-13 daily 1.0 きたもとゆうこの頭のなか(仮)
<< 「吉野材」を使った「暮らしの道具」デザインコンペで考える、受賞したければ守るべき基本ルール | Main | 【Facebook】自分と友達の写真を雑誌の表紙にできるアプリ >>
2016.06.30 Thursday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2011.07.14 Thursday author : Yuko Kitamoto

大河級のキャストが誰だかわからない出立ちで熱演!『忍たま乱太郎』

「吉野材」を使った「暮らしの道具」デザインコンペのあとは、てくてく歩いてワーナー・ブラザーズの試写室へ。

映画『忍たま乱太郎』を観てきました。

(これはプレスシート)

『忍たま乱太郎』は、「朝日小学生新聞」にて連載されている尼子騒兵衛のまんが「落第忍者乱太郎」をベースにしたアニメを実写にした作品だそうです。



連載開始から26年目ってすごいですね!

この作品を実写化するのは、三池崇史監督。現代劇から時代劇、バイオレンスアクションから子供向けコメディまで幅広く撮る三池監督だけに、この作品での過去作クレジットは『ヤッターマン』と『妖怪大戦争』押し。
たしかに、この前に公開された『十三人の刺客』なんて子供に言ってもね…

夏休みにライダーや戦隊モノには飽きた〜なんていうオトナコドモに、こういう直球モノをぶつけてほしい。

主役である忍者1年生をはじめ、忍者学校に通う子供たちは加藤清史郎以外はほぼ無名。
そんな彼らをバックアップするのは、有名俳優たち。それも、元が誰かも判別できないほどの特殊メイクで熱演しています。
平幹二郎さんは普段の威圧感もごそっと抜けた歯抜けの校長先生、鹿賀丈二さんはハゲづらにオネエ言葉の髪結いの抜け忍。中村玉緒さんなんて、さらにおばばにされています。顔が目しか出ていないキャラの谷原章介さんなんて、三池ファンじゃなかったら絶対に受けない役ですよ。

将来有望な可愛い男子たちもたくさんでているので、イケメンパラダイスでがっかりしている人はこちらで青田買いしてみては?

http://wwws.warnerbros.co.jp/nintama/

予告編








| 試写/MoviePreview | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2016.06.30 Thursday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 21:55 | - | - | pookmark |



スポンサードリンク
広告ユニット
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://kitamocchi.jugem.jp/trackback/1129
TRACKBACK