- - http://kitamocchi.jugem.jp/ 2013-04-13 daily 1.0 きたもとゆうこの頭のなか(仮)
<< 日経トレンディネット ヒットの芽:雑誌から生まれたパパもママも乗れるハンサムな電動アシスト自転車 | Main | NYLON cafe opening party >>
2018.06.05 Tuesday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2011.07.02 Saturday author : Yuko Kitamoto

I, Tominaga #sakuramovement 〜keep moving, keep supporting〜

今日は、1件パーティに出席したのち、表参道GYREにて本日より展示開始となった写真展「I, Tominaga #sakuramovement 〜keep moving, keep supporting〜」へ。


これは、世界で活躍するモデル・富永愛さんによる企画展です。


実は震災が起きなければ、きたもとゆうこ(デザート番長)は、3月13日の富永愛さんのラジオ番組「HAPPINESS」でホワイトデーにおすすめのスイーツを生出演で語る予定でした。


でも、もちろんそんな状況ではなく、番組内容は変更に。


その後、富永さんは実際に被災地に行き、がしがし活動されています。
今回ご挨拶させていただいたときも、「あっちのハエって大きい!」という意見で一致。
私も実は送ればせながら、石巻に行ってきました。(その報告は後日に…)


現地であの状況を肌で感じると、また奮い立つものがあります。


みんなが、できることをちょっとずつ。
できない人は、できる人を応援したり支援する。
気持ちを遠くからでも伝える。

自分ひとりじゃないって、被災者だけでなく、ボランティアする側にとっても重要なんですよ。ほんと。

富永愛



会場には、「#sakuramovement」というハッシュタグで集められた桜の写真をコラージュした作品のほか、被災地の写真、そしてもちろん富永さんが被写体となった写真の数々が展示されています。
会場内は撮影禁止だったので、その素晴らしさはぜひ会場でみてください。

写真展は17日まで開催されています。
豪華ゲストを迎えてのトークショーも開催されますよ。詳しくは、以下をご参照ください。

--------------------------------------------
以下、GYREのホームページより概要を転載。

再生と回復の象徴、桜。
未曾有の震災後、被災地へいち早く桜を届けたいーそんな想いでtwitterをツールに#sakuramovementが、モデルの冨永愛によって立ち上げられました。
多くの方々の賛同を得て、日本全国から多数の桜の写真が集まりました。

「私たちはこれから、助け合い、協力し、新たな日本へと歩みださねばなりません。自分自身を信じ、強く生きていかなければならないのです。冬を越え力強く花を咲かせたsakuraのように、新たに歩んでいくパワーを、皆さんと共に培っていきたいと思っています。」冨永愛

この想いを乗せて、日本を代表するフォトグラファーであるLeslie Kee、蜷川実花、TISCHとの作品を展示します。

開催時期:7月1日(金)〜7月18日(月) 11:00〜20:00
      ※7月1日(金)のみ17:00まで
      ※7月3日(日)、10日(日)、17日(日)14:00〜16:00 入場制限
場所 :GYRE3F EYE OF GYRE
入場料  :無料
主催   :冨永愛
後援   :JOICFP/LOOM NIPPON
協力   :GYRE

また下記日程で、冨永愛によるトークショーを開催。
※定員50名。12時より3F展示スペース・EYE OF GYREにて、整理券配布。

7月 3日(日)15:00〜:Leslie Kee × JOICFP 広報 小野美智代
7月10日(日)15:00〜:土屋アンナ
7月17日(日)15:00〜:TISCH × Numero編集長 田中杏子
※上記3日間は、トークショー開催のため、14:00〜16:00は入場制限をさせて頂きます。

冨永愛
世界で活躍するモデルとして、女性として、一児の母としての自立したライフスタイルで多くの支持を集め、活躍を続けるトップ・モデル。
FECモデルオブザイヤーをはじめ、現在まで数々の賞を受賞。
自身がサポートする国際協力NGO ジョイセフの活動でザンビアを視察。
現地の貧しい貧困問題に関し、救済の重要性を訴えている。

Leslie Kee
1971年シンガポール生まれ。
ファッションを中心に、香港や台湾、日本とアジア各地で活躍。
VOGUE、ELLE、V MAGAZINEなど多数の雑誌、数々の著名アーティストのCDジャケット、有名企業の広告を手掛けている、日本で最も活躍するフォトグラファーのひとり。

蜷川実花
東京生まれ。
木村伊兵衛写真賞のほか数々受賞。
国内外を問わずファッション、広告、映像等ジャンルをクロスオーバーする活動で注目を集め続ける。映画『さくらん』監督。
個展「蜷川実花展−地上の花、天上の色−」は、全国5か所の美術館を巡回し、東京・鹿児島で最多動員記録を更新。
2010年、Rizzoli N.Y.から写真集「MIKA NINAGAWA」を出版、欧米を中心に世界各国で話題となっている。

TISCH
1999年に東京藝術大学美術学部芸術学科を卒業後、都内スタジオに入社。
経験を積んだ後、2003年ニューヨークに渡り、2004年から広告ファッション写真のフィールドで活動を開始。
VOGUE、HARPER'S BAZAAR、ELLE、FIGARO、SPUR、GINZA等のモード誌で最も注目を集めているファッションフォトグラファー。

※掲載写真
twitterの#sakuramovementに投稿された桜の画像を、1本の桜の木にコラージュした作品。
会場にも展示致します。
| Art and Design | 01:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2018.06.05 Tuesday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 01:19 | - | - | pookmark |



スポンサードリンク
広告ユニット
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://kitamocchi.jugem.jp/trackback/1116
TRACKBACK