- - http://kitamocchi.jugem.jp/ 2013-04-13 daily 1.0 きたもとゆうこの頭のなか(仮)
<< 原宿 ALLEAREA | Main | VIRI-DARI deserta autumn&winter 2011展示会 >>
2018.06.05 Tuesday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2011.06.14 Tuesday author : Yuko Kitamoto

NIKE FALL / HOLIDAY 2011「TAKE EVERY ADVANTAGE.」

ちょっと前ですが(←これ多すぎ!)、NIKEの展示会にお邪魔してきました。

NIKE13.jpg


NIKE7.jpgNIKE12.jpgNIKE14.jpg
NIKE10.jpg
NIKE11.jpg


また盛りだくさん〜!



元IT系編集者としては、テクノロジー系が気になります。
NIKE+GPSアプリケーションの最新モデルは押さえておかねばです。

この秋登場するのが、「NIKE+SportsWatch GPS」。

NIKE5.jpg
NIKE4.jpg

NIKE+SportsWatch GPSはTomTom社のGPS技術をナイキのトレーニング知識に取り込んだアイテム。

すごく薄くて軽量、それでデータが集積できるのだからすごい!



2011年秋から登場するのが、「ハイパーフューズ コレクション」
NIKE6.jpg


ハイパーフューズというのは、2010年、新しいバスケットボールシューズの開発から生まれたテクノロジー。

3つの異なる素材の層を自動熱加圧システムにより1つに融合。強度・通気性・軽量性に優れた新素材を生み出すことを可能にした、フットウェアの製法。

大きな違いは、縫いあわせる必要がないため、中まで透けて見えるようにできるというところ。
NIKE8.jpg


この新テクノロジーを受け継がれてきたAIR FORCE1、NIKE AIR MAX1、NIKE AIR MAX90などの名作と合流。
ビビッドカラーとその特性を生かしたグロウ効果で着用する楽しさも得られそう。


自分の好きなカラーリングでオリジナルのシューズが作れるサービス「NIKE ID」には、この春発売のNIKE FREEも早々に登場しているもよう。

ランニングには日常には着ない派手色を求める人は、思い通りのカラーが作れるのでおすすめです。

NIKE1.jpgNIKE3.jpg


全てのモデルが対象ではないのですが、ドットも選択できるようになりまさに組み合わせは無限大!

NIKE2.jpg


JUGEMテーマ:NIKE



【これまでにアップしたNIKE関連トピックス】
●Annie Leibovitz to Shoot Nike Ad Campaign"Make Yourself"(2011.06.10 Friday)
●フランス代表の新アウェイユニフォームはマリン!(2011.03.10 Thursday)
●NIKE TRAINING CLUB”(NTC)の日本語版アプリが遂にリリース!(2011.02.17 Thursday)

【2011-2012AW展示会トピックス】
●Aquascutumの 2011-2012autumn&winter 展示会(2011.06.04 Saturday)
●RIMOWA Salsa Airの2011秋冬の新色はエナメルピンク!(2011.05.26 Thursday)
●H&M 2011autumn&winter展示会(2011.05.20 Friday)
●AKIKO OGAWA. 2011A/W EXHIBITION(2011.05.18 Wednesday)
●WJKW/ethereal 2011-2012 autumn&winter展示会(2011.04.19 Tuesday)
●cacharel fall winter 2011-2012展示会(2011.04.15 Friday)
●SLADKY 2011AW展示会(2011.04.11 Monday)
| ファッション/Fashion | 00:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2018.06.05 Tuesday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 00:03 | - | - | pookmark |



スポンサードリンク
広告ユニット
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://kitamocchi.jugem.jp/trackback/1092
TRACKBACK