- - http://kitamocchi.jugem.jp/ 2013-04-13 daily 1.0 きたもとゆうこの頭のなか(仮)
2016.06.30 Thursday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2007.12.26 Wednesday author : Yuko Kitamoto

【MAYA from West End 参加写真集】One Night in Beijing

大切な友人である写真家MAYA from West End、MAYAちゃんが参加した写真集が発売に!

残念ながらまだamazonでも日本版での扱いはまだないようです。島田洋書とかタワレコの洋書コーナーに行けばあるかな? いますぐは無理でも、きっと北京オリンピックイヤーの年明けには要所を扱う書店でも北京コーナーができるはず! 見つけた際はぜひ店頭でお手にとって、日本から乗り込んで挑んだMAYAちゃんの作品を本の形で見てください。

9月から10月にかけて5泊6日で北京に行ったきっかけの一つが、MAYAちゃんでした。北京のパワーについて熱く語る彼女のキラキラした目が、私に「北京行こうかな」と思わせてしまいました。そして、行ってみてその意味が、肌で、心で、ガツンと分かったのです。
まだ上手く言葉にはできないのだけれども。

「日本と中国を行き来して生きていきたい」と言い続けた彼女の実現力。まずは第一歩、でも大きな一歩。私もMAYAちゃんに話したことを実現できるよう頑張らねば、です。
この写真集は世界中の写真家が北京についての写真を3枚撮る、というテーマで編まれています。同じ北京の街を、人を、空を、さまざまな人が撮った作品群はどんな風に仕上がっているのでしょうか。手にできる日を心待ちにしています。

MAYA from West End HP http://www.maya-fwe.com/
One Night in Beijing <amazon US>
| 北京/Beijing | 14:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2007.12.04 Tuesday author : Yuko Kitamoto

【News】中国警察、コンドーム所持の女性を今後逮捕しない意向

え?



なんやそれ・・・。って、これまでは逮捕されてたわけですよね。おまけに強制労働収容所って、「大地の子」の時代の話じゃなく、今もそうなのね。。。

そりゃ、HIV感染の人増えちゃうよ。倫理観が違うとはいえね、これはひどいです。

今日、中国でビジネスしてる人といい話してきたばかりなだけに、なんかLowな気分になりました。まぁ、遅すぎるけど、ようやく重い腰があがったのはよし。
きっと、こういう風な「え?」な出来事に中国在住の皆様は数々出会ってるんでしょうな・・・
| 北京/Beijing | 00:03 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
2007.11.09 Friday author : Yuko Kitamoto

自分の子供をオリンピックで世界デビュー!

開催まで1年を切り、バレーボールやサッカー、マラソンなど日本代表選手の選考対象試合が始まっていますね。前回のアテネが日本の出場史上最高の37個というメダルラッシュだっただけに、必然的に期待してしまいます。
でも、日本が取っても取れなくても、世界の頂点を目指して努力をしてきた人にスポットライトが当たるオリンピックって好きでついつい夜更かしして見ちゃいます。今年は北京開催だから、時差は3時間ぐらいでしょうか。

で、北京オリンピックではオリンピックの開会式か閉会式の演出用のためだと推定されるのですが、子供の写真を募集中。

人民新聞の日本語版によると、写真の条件は10歳までの子供が笑っているところをデジタルカメラで正面から撮ったものであること。500万画素のクオリティが必要で、応募者1人につき子供の写真を5枚までまとめて応募できるようです。

詳細はここで
http://www.beijing2008.cn/news/official/bulletin/official/n214148218.shtml
「うちの子、世界デビューしたんでザマすよ〜」なんて、スネ夫のママ風にいっても嘘じゃなくなります。自慢のおこちゃまがいる人はぜひ。
| 北京/Beijing | 00:20 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
2007.10.18 Thursday author : Yuko Kitamoto

チャイする

チャイする

といっても、
インドの「チャイ」を飲む
でも
大阪弁でいうところの「茶しばく」(お茶を飲む)
でもありません。

知らなくても生きていける豆知識ではありますが、中国では知っておかなきゃいけない常識。

「折」(チャイ)

と壁に書かれると、その建物は政府の方針で取り壊しが決定! 強制的に退去しなくてはならないんですってよ。
最近日本のテレビでも、退去に反対して建物の周囲を取り壊され、陸の孤島にされた映像とか見たことないですか? あの方たちは、「そんなのいやじゃー!」「それならちゃんと金よこせー!!」と実力行使に出た人たちらしいのです。

あの映像だけみていると「まぁ、なんてかわいそう!」と思うけれども、実状を聞いてみると彼らの要求もしたたかで、そこに建つコンドミニアムの広い部屋をよこせとか、金銭要求の数字が大きい場合もあって、なかなか首を縦に振れないものも多いそうです。

人権意識の高まりとともに、今後は簡単に「チャイする」ことはできなくなりそう。本来はそうあるべきなんですけどね。住むところがなくなるって生活の根底からゆるいでしまいます。

そんなことを聞いたあとだったので、国慶節の時期にデパートにいったら、たくさん「折」を見かけてどきどきしました。
でもそれは嬉しいお知らせで、日本でいうところの「OFF」なんですね。国慶節特別セール。こんな「折」なら歓迎ですけどね〜、家の壁に突然赤い字で「折」って書かれたら怖いだろうなぁ〜。




| 北京/Beijing | 01:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2007.10.15 Monday author : Yuko Kitamoto

ウェディング写真アート@798SPACE 时态空间

798wedding10月4日の続きです。

ウェディング写真をテーマにしたアート作品を北京の「798SPACE 时态空间」で見てきました。

series works—A visual experience – To see the development of China by wedding gown photography


サイトによれば、今回の展示は「Vision-Test Group」なる写真家かつ芸術家のグループによるもの。2008年北京オリンピックのテーマ「One World ,One Dream」のシリーズ作品で、これはウエディング写真で中国の発展を切り取ることをテーマにしているようです。


私が訪れた日はちょうどオープニングパーティだったようですが、午前中に同ホールに入ったときはまだまだ準備中・・・。でも、そんなの関係ねぇ!並みに、がんがん入れます。このときは、同ホールの2階の常設展示を見ていました。
午後に再度行ってみると、おびただしい数の人が集結。午後開催といっていたのか、その辺も緩いのか。。。

しかし、まだまだ準備中なようで、真ん中のベンチのところではまだメイク中。メイク中の後ろの壁に展示してあるのが作品です。
798メイク中

シチュエーションごとに作ったブースには、カップルがさまざまなシチュエーションのもとに立っています。それを、見にきた人が撮影するというにわか撮影会がスタート。日本同様に、携帯で撮影している人も多いのですが、それ以上に一眼レフ持っている人が多い! この告知は事前にされていたのでしょうか?
798結婚写真風

シチュエーションがブースごとに作られ、人によってはブースにあがり「3人目」として一緒におさまってみたり、はたまた花嫁を押しのけてイケメン新郎役と2人の写真を撮る人もいたり。

しかし、一番人気は、ウェディング写真風のブースではなく、セクシーなお姉さんの私生活を覗き見するようなブース(笑)
798セクシーモデル
どこの国も同じですね。。。
| 北京/Beijing | 11:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2007.10.12 Friday author : Yuko Kitamoto

北京の地下鉄の切符はびりびりに破られる

北京の駅
北京の地下鉄網は、オリンピックに向けてどんどんそのカバー範囲を広げています。
10月に入り、新たに5号線が開通。山手線のように回る2号線と天安門を中心に東西に延びる1号線に加え、南北を貫くラインが完成。空港からのラインが完成すると、さらに便利になりますね。

改札は改札機は乗車人数は多くても、2台並びのみ。その理由は改札機が対応しているのはチャージ式のICカードのみで、切符は通らないから。切符はなんと、改札機のところに立ってる検札のお姉さんに渡して通らなくてはならないのです。

改札機はあるのに、切符は手渡し。

IC導入してるのに、能率的なのか、なんなのか。。。半券などはくれません。それどころか、これでもか!というほど粉々に破いています。まぁ、切符自体薄いざら半紙という感じなので、びりびりってほどではないですが。
北京地下鉄の駅

さらに遠くにいくの路線に13号線というのもあるのですが、そこの乗継ぎ切符の場合はどうなんでしょうね。ちょうどいった時期が国慶節前の休みからの時期だったので、通常の混雑具合は不明です。もし通勤ラッシュだと、すごい状況になっていそうですね。上海で切符の販売窓口が2つしかなく、大変だったことを思い出しました。ICカード導入は、切符購入(もちろん対人販売)の混雑緩和を考えると、大正解でしょう。
北京に行って感じたのは、他国の良い技術や文化をこれでもかと導入している点です。次々と建設される建物しかり、クラブしかり、共産主義国でありながらもこれだけ柔軟な姿勢なのがすごい。しかし、まだまだ出版や映画の世界での規制緩和は遠そうです。日本で12月5日より公開される「中国の植物学者の娘たち」という映画は、同性愛を扱ったテーマゆえに国内ロケを禁止されました。中国に似た風景があるベトナムの村にて撮影されています。

ホームにたってみると、東京メトロよりもなぜか大阪の市営地下鉄を思い出しました。なんでやろ?

2008年のオリンピック時にはこんな風に開通しているそうです。上海ほど空港からの中心部への距離は離れていないので、地下鉄がつながれば格段に早くなりますね。市内の道路の混雑がこれで少しでも解消すればいいのですが。。。
北京の地下鉄路線図2008
| 北京/Beijing | 00:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2007.10.05 Friday author : Yuko Kitamoto

ANAのFLY!パンダに乗りたくて。

今回の北京行きは、 パンダ便に乗りたい>>>>北京に行きたい ってことで。国慶節にぶつかっててお祝いムードだとか、アートイベントとかは後からついてきたもの。よって、パンダ便に乗れなきゃまったく意味なし。

なのに、行きの便はパンダじゃなかった!!!

FLY!パンダは何機もあるわけではないようで(最悪だと1機のみ?)、北京や広州など限られた便のみで就航中です。 それでも、機内食やスカイアテンダントさんのエプロンなどはパンダ化。 ナプキンパンダ行きの便 10月からは羽田−北京間も開始となるので、アクセスはさらによくなります。機内エンタメプログラムでは中国キャンペーンのキャラクターもしているPUFFYの音樂プログラムもありました。パンダ便の終了時期ははっきりとは発表されてませんね。 これで帰りに乗れなかったら再チャレンジ?(←そんなに乗りたいのか、おれ!!)と思ったら、北京発午後便は念願のFLY!パンダでした〜ラブ パンダ便パンダ便2
このパンダのへたれ具合がいいですねー。エプロンは、スカイアテンダントさんに飛びついているように見える頭が上のデザインになっています。機内販売で4℃のパンダ型レザー財布と抱き枕もあり。

| 北京/Beijing | 23:36 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
2007.10.04 Thursday author : Yuko Kitamoto

北京の女の子の待受画面

北京に住む中国人の女の子のケータイの待受画面はかなりの高確率で

自分

らしい。   BY 現地在住の日本人男性数人

自分好き?

中国の結婚写真撮影


そういえば、街中でも何度か結婚写真の撮影をよく見かけました。
韓国でも結婚写真を古い家屋とかの前でシチュエーションをわざわざ作ってアルバムにする習慣があるのですが、北京のバージョンは違うようで、王府井というショッピングストリートの近くとか、ウェディング会社の入っているビルの前とか、かと思えば、ホウハイの古い町並みだったりさまざま。上海では見かけなかった光景でした。たまたま見なかっただけか、ここ最近の流行なのか?はてさて。
ぼんやり歩いていると、突如目の前にシンデレラのように着飾った花嫁さんに出会います。けっこうシュールな光景ですよ楽しい


この結婚写真に関する話はもう少しあるのですが、ちょっと追加で調べているのでまた後日ということで・・・
| 北京/Beijing | 05:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |



スポンサードリンク
広告ユニット